きんのあさ

菌と麻に秘められた可能性を探っていきます。どこまでも。

酵素風呂で子猫が瀕死から生還?

つい先月から子猫3匹との暮らしを始めていました。最初は怯えてタンスの裏に隠れたりとお決まりの警戒心を発動されていましたが、1週間もすれば僕のことなど気にもせず3匹で追いかけっこをする慣れっぷり。

 

そんな順風満帆な子猫との暮らしに突然変化が起きたのは先週の日曜日のこと。1匹が失踪し、そのまま帰ってこなくなり、その3日後にもう1匹が体調を崩し、医者に連れて行くことも何もできず一晩のうちに逝ってしまいました。

 

残る1匹のらむ(オス)は元気そうにしていたので安心していたら、木曜日の朝からやはり後を追うように体調を崩し始め、白目を剥き、触ってみるとかなり身体が冷たい。

 

これはとにかく温めるしかない!と、たらいに移した米糠酵素に首から下を埋めました。1時間経つ頃には少し身体が温まってきていたものの米糠酵素が熱すぎるのか辛そうだったので、カゴに入れて酵素風呂の上に置くことに。様子を見に行くたびに呼吸が穏やかに、力強くなっていたのでなんとかがんばれーと念じていたら夕方にはすっかり回復。水も飲めるし、ご飯も食べられる。普通に歩くこともできる。体温も元通りになりました。

 

それからはすっかり元気にやんちゃをしていて、強い免疫を獲得してくれたかなーと思ってます。これからも週に1回は酵素風呂に入れて、たくましく育ていってほしいものです。

 

f:id:htm3110:20170724131253j:image

呑気に小顔ポーズを決めて昼寝するらむ。